町田駅南口から徒歩30秒「J'sメディカルSTYLE町田店」

 

美容整体×最新エステ技術
即日、即やせなら町田のJ’sメディカルSTYLEへ!!!

 

こんばんは!

日頃から腰にだるさや痛みを感じている人は、もしかしたら「反り腰」になっているかもしれません。反り腰は腰の関節や筋肉に負担がかかりやすく、慢性的な腰の痛みを引き起こすことがあります。また、体型の崩れにもつながるため早めに改善しておきたいところです。 

反り腰になる原因としては、筋力の低下や柔軟性の低下、体型の変化が挙げられます。

例えば、“腹直筋(ふくちょくきん)”。腹直筋は骨盤が前に傾くことを抑えるような筋肉の走行となっているので、腹直筋をはじめとする腹筋群が弱まると骨盤の前への傾きが強くなります。また、骨盤の中を走行している“腸腰筋(ちょうようきん)”や太ももの前側にある“大腿直筋(だいたいちょくきん)”の柔軟性が低下し、硬くなることで骨盤の前傾が強まります。

太ってお腹が出ることも、反り腰の原因のひとつ。お腹が出ると重心が前寄りになり、お腹の重みを支えて立とうとするため無意識に腰を反らせて立ってしまうのです。

このようにさまざまな筋肉の筋力低下や柔軟性の低下により、反り腰になってしまいます。

ブログ画像
そもそも背骨はS字になっており、横から見ると腰部が反っているのが普通です。この反りはクッションとなりカラダにかかる負担を減らしているのですが、この反りが強くなってしまうと体にさまざまな支障をきたします。

骨盤の前傾が強くなるとこのS字の弯曲も強くなり、大きく腰が反ることになります。腰が反った姿勢は腹圧が低く、お腹がぽっこり前に出るとか、腰の痛みの原因になってしまいます。

反り腰は自分では気づかないことが多いものです。お腹ぽっこりの状態や腰の痛みがなかなか改善しない方は、骨盤が前傾し反り腰になっているかもしれません。

 
 

明日のご予約状況です

 
 
明日は、10:00~17:00からのご案内が可能となっております。
 
みなさまのご来店楽しみにお待ちしております。

骨盤矯正×エステ「JsメディカルSTYLE町田店」 PAGETOP