町田駅南口から徒歩30秒「J'sメディカルSTYLE町田店」

美容整体×最新エステ技術
即日、即やせなら町田のJ’sメディカルSTYLEへ!!!

今回は、オーガニックに関するとある調査結果です。

有機農場は、より広い耕作地を必要とするために、通常の農場よりも温暖化に大きな影響をもつようだ、というスウェーデン・チャルマース工科大学からの研究報告が『ネイチャー』誌に発表されたようです。
研究チームは、地球温暖化に対する土地使用の影響を推定する新しい方法を開発し、これと従来の方法を用いて、有機農場と通常農場を比較した結果、有機農場のほうが温暖化ガスの排出量が多いという結論に至りました。

「我々の研究が示しているのは、スウェーデンで栽培されている有機エンドウマメの農場が、通常栽培のエンドウマメ農場に比べて約50%も大きな気候変動への影響をもっているということだ。作物の種類によってはより大きな違いをもつものがある。例えば有機スウェーデン冬小麦は70%に達する」と主任研究者のシュテファン・ウィルセニウス准教授は語っています。

その理由として挙げられるのは、有機野菜はヘクタール当たりの収量がかなり低いことです。これは主として農薬を使わないためである。そのために同じ量の生産をするためには、より大きな耕作地が必要になるというわけです。

ブログ画像
研究チームは、新しい指標として、彼らが「炭素機会費用」と呼ぶものを使用しました。機会費用というのは経済学の概念であり、森林伐採によって増加する二酸化炭素の排出量に寄与する土地使用の影響を評価します。この指標は、森林に貯蔵されている炭素量を考慮に入れるため、森林伐採の影響をみることができます。本研究は、この新指標を用いた世界初の研究であるとされています。

「より多くの農地を使うために温暖化により強い影響をもつという事実は、以前の有機農法と通常農法の比較ではしばしば考慮されてこなかった」とシュテファン・ウィルセニウス准教授は語っています。「これは我々の研究が示したように大きな見落としである。スウェーデンの政治家は有機農法を推進しようとしているが、それは環境に大きな影響をおそらくもたらすことになるだろう。」

皆様もオーガニック食材を購入する際はこのデータを念頭に置いてみてはいかがでしょうか。

明日のご予約状況です

 

明日は夕方頃がご案内しやすくなっております。
みなさまのご来店楽しみにお待ちしております。

骨盤矯正×エステ「JsメディカルSTYLE町田店」 PAGETOP